こんにちは。看板犬1号「なんち」と申します。
年齢は現在14歳(2016年現在)です。
性別はメスです。
雑種ですが、何の雑種だか不明です。
仔犬の時はシベリアンハスキーに似ていました。

生後3カ月の時に保健所に捨てられました。それを愛護団体が引き取り、その時ボランティアに来ていた今の飼い主さんに引き取られました。
でもその愛護団体でパルボウイルスに感染していたので、引き取られたらすぐに発病して病院に入院しました。
その時生死をさまよい、もう駄目かと思ったけど、お医者さんが一生懸命治療してくれたから何とか助かりました。

でも辛い思いをしたトラウマで「分離不安症候群」という精神病にかかりました。
一人で留守番をすると不安を感じて、ケージや家を壊したり、パニックになってあちこちでトイレをしました。
常に不安を感じていつも飼い主さんの側にいたがりました。
そんな私だったので飼い主さんは何処にもいけなくなってしまい、困ってあちこちのトレーナーやカウンセリングを一緒に回りました。
でも皆怖くて、余計治らなくて、「安楽死対象です」と言われてしまい、最後は飼い主さんが自分で問題行動学を勉強して治してくれました。
今のお店があるのは私のおかげ?です。
常に一緒にいないと不安を感じてしまう私の為に飼い主さんは一緒にいてくれる仕事を選んでくれまいした。
安心出来る人と一緒にいるうちにだんだん病気は治ってきました。

今はお店の看板犬としてお客さんを迎えるのが私の仕事です。
私が可愛いしぐさをしたり、お腹をだすとお客さんは喜んでくれます。
そんな頑張る私を飼い主さんは愛してくれて、褒めてくれます。
今は飼い主さんと一緒に皆を和ませるのが仕事です。




こんにちは。看板犬2号の「ルカ」です。
現在11歳です(2016年現在)
性別はメスです。
甲斐犬と柴犬の雑種です。

生後7カ月の時に今の飼い主さんに引き取られました。
それまでブリーダーの小さな檻に入れっぱなしにされてご飯もろくにもらえませんでした。
檻が小さすぎて立つ事も出来ないし、優しく撫でてもらう事もしてもらえませんでした。
ある日若いカップルが格安で私を買ってくれました。
そしたらその日にこのお店に来て、私をおいて行ってしまいました。
どうなるのかと思ったけど、そのままこのお店で飼ってくれる事になり「なんち」の妹となりました。

今まで散歩もしたことがないし、人に撫でられた事もなかったから人間界がよくわからなかったけど、
「なんち」と飼い主さんと3人で毎日色々な所に行きました。
車も乗ったし、旅行も、ドッグランも行った事がない所に沢山行きました。
お店には沢山の人が来て私を撫でてくれました。
「なんち姉さん」の真似をすると皆が可愛がってくれる事がわかったので、一生懸命真似しました。

今は「なんち」と飼い主さんと幸せに暮らしているけど、やっぱり小さい頃に他の犬と接し無かったから
たまに怖くて「う〜」って言ってしまうんだ。
でも優しく飼い主さんが撫でてくれると安心するんだけどね。

おやつをくれる人は大歓迎だから、仲良しになりたかったらおやつを頂戴ね。





休みの日も一緒です。旅行もあちこち行きました。
車も大好きです。